About

プロフィール

イラズムス千尋(いらずむすちひろ/ Chihiro Erasmus)

糸車兵庫県生まれ。岡山在住時にウールの糸紡ぎと染織に出会い、布作りの楽しさに目覚める。

丹波市に移住後丹波布の存在を知り、かねてから興味のあった木綿をやってみたいと、丹波布伝承館にて学ぶ。丹波布伝承館講師を務めた後、自宅工房にて手で紡ぎ、草木で染めて織り上げる布にこだわり、日々制作に励む。イヌ2匹、ネコ1匹、ヒト2人と共に丹波市春日町に在住する。

2010年
二人展(cafe&galleryうわのそら)
2012年
土と布展(ぎゃらりーY’s one)
2013年
ぬぬぬパナパナのぬぬぬ展
松本クラフトフェア
2014年
ぬぬぬパナパナのぬぬぬ展
工房からの風
2015年
イラズムス千尋の丹波布(za gallery)
Living traditions for modern life(ギャラリー石田)
食と食卓の市(カフェミナツキ)
sankara展(ギャラリー風草)
cotton & clay ~素材を楽しむ(cafeことだま)
工房からの風から50人のクリエーション
ぬぬぬパナパナのぬぬぬ展
ちんゆいそだてぐさ
灯しびとの集い     等

糸から織り上げまですべて自分で行う、“誰のせいにもできない潔さ”に惹かれています。使う人が、生活をゆったり丁寧に楽しんでみようと思えるような布を作りたいと思っています。