展示会のお知らせ

展示会案内ハガキ

展示会案内ハガキ

注文作品の納品準備と、帯地の織り上げと、ムスメの入学準備を同時進行で進めながら、「私もシューンドンドンしたい!」(機織りの音です)という、ムスメのリクエストに応えたいと、ムスメ初機織りの準備をしようかと目論んでいます。

さて、今回は春の展示会のご案内です。
4月6日(木)から、東京都町田のギャラリー「FUKUTA」さんにて、ジェイムスとの二人展「陶と織」が開催されます。

私は初日の4月6日(木)、ジェイムスは4月8日(土)、9日(日)に在廊します。

ジェイムスは今回の窯からの新作、私は織りたての反物や、日々の生活に使っていただける丹波布小物を展示販売いたします。
是非、足をお運びくださいませ。

展示会詳細

展示会詳細


様々な出来事と様々な気づき

窯焚きの友

窯焚きの友

陶芸家の夫が窯焚き中です。備前で修業し、備前の土をメインに使うため窯焚きは、約一週間昼夜続きます。一人ではとても無理なので、いつも友人知人の助けを借りて、焚き続けます。私は誰もお願いする人がいない時にたまに手伝う程度ですが、今回久しぶりに、ほんの少しだけ窯焚きをしました。
炎の走るゴーっという音を聞きながら、温度とにらめっこし薪をくべていきます。全身の感覚を使い、別の世界にいるような気持ちにさせてくれます。

さて、この数日は様々な出来事が起こりました。先ずはムスメの卒園式。暖かくそして爽やかな感動を覚える式でした。式後、「ここに通うことはないんだな~」と感傷に浸っている親を置いてムスメは、あっさりと園にお別れをし、次に気持ちを向けるようにスタスタと門を出て行きました。過去よりこれからが大事よね~とその姿を見て感じました。
そして卒園式の日に彼女のダンス発表会。「ちゃんと」よりも「楽しい!」の大切さを体現してくれました。

またまた、昨日は私の地元ラジオへの出演がありました。ただしパーソナリティーは、もとNHKアナウンサーの村上信夫さん。さすがプロ!の話術で緊張しながらも安心して話せました。本番に入る前の心地よい緊張感と、本番に入った後まさに「ラジオの世界」を作り出す様を目の前で見ることができて、感動しました。そのラジオ出演の中で、ライフスタイルや生活が変わると声も変わるという話をされていて、確かに生活の変化や年齢と共に顔や体型も変わるのだから、声も変わるはずと納得しました。
毎日聞く自分の声の変化には、自身では気づきませんが、心地よい声に変わると嬉しいなと思いました。

春休みのこの二週間、元気なムスメとほぼ一緒に過ごす楽しさと、自分の仕事がなかなか進まない焦りを感じながら過ごしています。あ~もっと長い夏休みどうなるんやろ?と今から心配してしまいます。


Thanks mum !!!

ちきり巻き

ちきり巻き

ムスメの熱が長引き、全ての予定をキャンセルし、圧倒的優先順位にひれ伏した1週間でした。熱が高いときは、よく寝てくれたので様子をちらちら見ながら、織の作業に集中できたのですが、熱が引き始めると本人も元気になり、うろちょろとし始め、予定を変した割には、工房での作業にも集中できず、主人も陶器市で1週間ほど留守にしているという、困った状態の三連休中に実家の母が来てくれました。
5日間たっぷり休息し、「遊びたい」エネルギーが充満しているムスメとたっぷり遊んでくれて、家や庭も綺麗にしてくれて、おまけに私が工房にこもる時間も作ってくれ、何とも贅沢な三連休を過ごすことができました。子供を育てる中で、様々なことを学んでいますが、色んな人の支えの中でこそ心に余裕をもって子育てができるんだなという事を実感しています。その中での実家の母の存在の大きいこと!今回も助けていただきました。
お陰様で、展示会までのもう一本が間に合いそうです。ありがたい!


圧倒的優先順位

sleeping beauties

sleeping beauties

3月末にある納品締切と、4月にある展示会が迫ってきて、焦ることを通り過ぎ少し呆然としてしまっています。よくワカラナイ状態になりながらも、毎日せっせと機に向かっています。
そんな中、とうとうムスメが風邪をひきました。ちょっとほっぺが熱いかも?と思い送り出した後、園から「微熱があります」の連絡を受け、迎えに行ったのが昨日。本人の機嫌は良いのですが、夜に熱が上がり今日はそのまま38度台をキープしています。幸いインフルエンザではなかったようですが、夫の実家は海の向こう、私の実家は車で小一時間という、核家族生活の私たちには、このような状況になると全ての予定が、キャンセルになります。有無を言わさず全て予定変更です。
子供を持ってわかった事の一つが、この絶対的優先順位です。親の予定や約束や付き合いなんて、この優先順位に入れば、清々しいほど後回しになります。

こんな事情で昨日と今日は、予定変更で私の工房にベットを持ち込み、工房兼ムスメの病室となりました(変わらず、ココさんのお昼寝場でもあります)。普段は活発で動きの多いので、ムスメが工房にいると私が落ち着かず、織りも進まないのですが、熱のせいでうつらうつらしてくれたお蔭で、織りに集中できました。
少しいつもよりスローペースの娘とじっくりゆっくり過ごし、尚且つ織が進むという、穏やかで得をしたような2日間でした。明日には、熱が下がっていますように!