a good week

colorful brown

colorful brown

夏より暑い日が続いていました。上ムスメは、モワーッとした猛暑の中、毎日運動会の練習があり、臭い体操服と共にクタクタになって帰ってきています。今日は気温がやっと下がり、体操服の臭いは激減し、本人の機嫌もかなり良く、数日前よりは楽に過ごせていたようです。

親の私の方は、暑い中糸を紡ぎ機織りをし、次の一本に向けて経糸に糊をつけ、ココさんと共にたっぷりと工房で過ごし、良い日々を過ごせています。今週は特に糸を紡ぐことに時間を割くことができて、とても充実した気持ちになりました。
日々こつこつと続けることでしか、糸はたまっていきません。紡いだら紡いだ分だけ糸は増え、太さや撚りも安定してきます。そう、こつこつと続けないと良い糸もできないし、糸も増えない。でも、色んな工程の中でついつい後回しにしてしまうのが、糸紡ぎです。糸を紡いでいると、目の前のことにあくせくせず、先を見て行動することの大切さを感じます。そんなことも、すぐ忘れて目の前のことにジタバタしてしまうのですが、今週は糸紡ぎの教えを感じ取ることができました。引き続き、糸紡ぎに時間を割いていきたいと思っています。


love colors

hachijo blue etc

hachijo blue etc

10日間ほど八丈島に行ってきました。こだまで東京に行き、横浜で展示会をしていた主人と合流し、フェリーに乗って10時間、八丈島に到着しました。太陽の光の強さなのか、海の深さなのか、昔の噴火で砂や岩が黒いからなのか、濃く深い青色を見ることができました。
湿度と太陽の力で、全ての植物が強いエネルギーを持ってゴンゴン茂り、その緑の中に平屋の家が存在して人が住む。そしてその先には、深い青い海。流人の島としても知られる八丈島ですが、色んな人を受け入れ、様々な文化が入り、それが島に残っていることを所々で見る事ができました。黄八丈の組合の方と話すことができ、共感したり教わったりと良い時間を過ごせました。文化も歴史もとてもとても興味深い所でした。
滞在中は御蔵島にも泊まり、野生のイルカと泳ぎ、八丈島では亀と出会ってこちらも一緒に泳いだりと、ハッピーな出会いを経験することができました。

空、海、葉っぱ、花、魚たち、そして黄八丈の色。色んな色を楽しませていただいた旅でした。黄八丈の会館で見せていただいた、こぶな草の茶色味のある黄金色。絹糸だったので再現は難しいですが、こぶな草でしつこく染めた黄色を染め上げてみたいと思っています。
また行きたいな~


very middle of summer

日本海の夕日

日本海の夕日

夏真っ盛りです。暑い日が続いております。上ムスメの学校の地区水泳も中止になり、アフタースクールも暑すぎて外で遊べない日が続いたりと、なかなかコドモタチも大変そうです。
そんな中、毎年私が生まれた時からずーっと行っている海に行ってきました。服を着てビーチにいると五分と持たないような茹だるような日でしたが、海の水は冷たく気持ちよく、魚もいっぱいいて上ムスメは今年初のフィンをはき、イルカのように泳ぎ回り、下ムスメは足の届かないところも平気で浮き輪でパチャパチャと動き回っていました。
三日間の滞在でしたが、日焼け止めを塗ったはずなのに家族全員茶色に染め上がっています。海の向こうに沈む太陽を見ることができ、大好きな茜色の空を楽しむことができ、とても良い夏の中休みができました。

海に行ったり、プールに行ったり、ムスメ達の送迎をしたりしながら、私自身も相変わらず用事が盛りだくさんの毎日です。相方の主人も盛りだくさんで、展示会が続きあまり家に居らず、こどもの迎えがままならない時もあります。実家の両親が小一時間かけてここまで来るには、頼みにくい様なコドモ達の迎えなどを誰かに頼まないといけない時、助けてくれるのが近所のムスメの同級生の母ちゃんたち。いつも快く引き受けてくれて、本当に助かっています。
つくづく子育ては夫婦だけでは難しく、周りのサポートがあるから心の余裕を持ってできるんだな、と感じています。そして、私もお互い様精神で逆の場合は快く引き受けたいなと強く思いました。


じっくりゆっくり

灰汁精錬のえ

灰汁精錬の糸

12月です。師走です!12ヶ月の中の一つの月なのに、12という数字や「師走」という言葉を聞くと、なんだか気忙しくなってしまいます。織りの方は、予定よりずれ込んでいますが良いペースで進んでいます。焦らず糸と向き合い、気持ちを入れて進めていきたいです。

年内のもう一つの目標は、灰汁精錬した糸を染める事でした。何回も染め重ねる中で、ゆっくりと色素を糸に落ち着かせてくれ、澄んだ色を出してくれます。今回は、びわの枝葉で染めていきます。第一回目の染めが終わり、じっくりバケツの中で放冷中です。この後、糸を乾かし、空気に当ててしばらく置き、また同じ工程を繰り返します。

染め上がりは、まだ数ヶ月先。それまでは、色の変化を楽しみながら染め重ねていきたいと思います。


Simple すごい!

猛暑酷暑が続いております。三連休の2日間は、共同運営しているお店の当番や、ムスメの子供会の行事など、丹波で過ごしておりましたが、最終日の海の日は伊丹の美術館に行ってきました。

ミッフィでお馴染みのディック・ブルーナによる「シンプルの正体」という名前の展示会が、伊丹市立美術館で開催されており、ムスメ2人と見に行きました。色んなものを省いた無駄のない線、削ぎ落として出来上がっているのに、見る人が親しみを感じる包容力、少ない色を大胆に使った色合わせ。見る人が笑顔になれる展示会でした。普段は注意があっちやこっちに飛びやすい上のムスメも、楽しんで絵を見ていました。

一つの絵を完成させるのに、100枚程描き直すこともあったそうです。何度も何度も描き直し、削ぎ落とされてきた線は手描きのせいなのか、描く人自身を写しているからなのか、柔らかく軽やかさを感じます。

ディック・ブルーナの世界を満喫した後は、美術館入り口コーナーにて2人共似ても似つかぬミッフィを描いて、美術館を後にしました。

ディック・ブルーナ氏の「シンプルの正体」展。おすすめです!

クマさん

クマさん


悉皆屋さん

Green

Green 

先週も今週も良いお天気の週末が続いています。先週は、近くの公園に家族でピクニックをし、木陰で気持ちの良いうたた寝をしました。とにかく緑の綺麗な日でした。

Blue

Blue

そして、今日は車で1時間少しのところにある海で遊んできました。夏を感じさせる強い日差しの1日でしたが、空や海のピカピカとした青が綺麗でした。

緑と青に挟まれた1週間でしたが、久しぶりにお世話になっている悉皆屋さんに、反物の湯のしをお願いをしに行ってきました。上品なおばさまがお一人で長年切り盛りされています。前回お会いした時は、腰が痛くて大変そうでしたが、今回はお元気になられている様子で、ホッとしました。長年の経験から聞けるお話も参考になりますし、できれば顔の見える相手とやり取りをしたいので、このままお元気で続けてくださることを強〜く願いました。

 


雨のあと

朝の散歩

 

2日間雨が降り続きましたが、今朝ようやく青空を見る事が出来ました。上のムスメを学校に送り出した後、下のムスメとイヌ達、ダンナさんと散歩をしました。

雨上がりの空は、空気が澄んでいて木々の緑や空の青、雲の白さなど様々な色が普段よりもくっきりと見えます。山の景色が田植えの終わったばかりの田んぼに映りとても綺麗でした。今朝は、景色や色をたくさん楽しむ事ができました。

朝の散歩のおかげか、なかなか具体化できなかった縞も決まり、糊付けをする事ができました。空気の冷たい日でしたが、日差しと風があり絶好の糊付け日和でした。織りもほどほどに進み、縞も決まり、下のムスメの機嫌も良く、上のムスメは晩ごはんをよく食べ、2人とも5分で寝付くという、なんだかとてもスムーズな日でした。

糊を付けました

糊を付けました


充実の週末

駐車場に向かう景色

今週末に開催された「灯しびとの集い」が終了いたしました。1日目は、強い風に何度も作品が飛ばされ、お客さんや周囲の出展者の方々に拾っていただき、風が吹くたびにドキドキし、風向きが変わる度に作品の場所を変え、「風」に振り回された1日でした。

2日目の今日は、風もなく青空の見える良い天気で、安心して参加する事ができました。他出展者の方の作品をゆっくり見る事ができず、残念でしたが、駆け足で見た作品やディスプレイにとても良い刺激を受け、来場いただいた方々の反応から学びを得た二日間でした。

作品を見ていただいた方、手に取っていただいた方、吹き飛ばされた作品を拾っていただいた方、出展者や主催の方々、2日間ありがとうございました。終わってみると、充実感と次へ向かうエネルギーを得る事のできた2日間でした。

良い雰囲気が満ちた会場に身を置くことができて、「良かったなー」という余韻に浸っています。明日から、いつもの1日が始まる事も楽しみです。


週末

beauty of nature

beauty of nature

秋らしい天気になり、空や光が変わってきました。毎朝カーテンを開けて空を見上げるのが、朝の儀式のようになっています。先日染め上がり整経を終えた糸は、痛恨のイージーミスを乗り越えて、機に上がりました。この注文の布はヨコが一色のみなので、あとはひたすら織るのみです。
有難いことに、注文でいただいている反物がまだあるので、織りながら次の作品つくりの準備に入っています。焦らず、心を込めて取り組みたいと思っています。

先日、家族で「神戸どうぶつ王国」というところに行ってきました。ここは、人間と動物の間の柵や檻がなく、同じ空間で動物たちと会うことができます。(動物によっては、水槽や柵の向こうにいるものもいます)動物好きの上のムスメは、「ここに住みたい!」と大喜びしていました。様々な鳥に出会えるのですが、私の方は鳥たちの持つ色調の美しさに、大喜びしていました。
草花もハッとするような、美しい色を見せてくれますが、鳥たちのもつ鮮やかで華やかな色やコントラストにとても惹きつけられました。良い刺激になった一日でした。

 


私も挑戦

藍の華と糸

藍の華と糸

小1ムスメの挑戦は、見事終了し織り上がった布で巾着を作り、主人の誕生日にあげるというところまで、やり遂げました。
我がムスメながら、頑張りに感心したのと普段は飽きっぽくて落ち着きのない所しか目につきませんが、なかなかやるなと見直しました。

そして私のこの夏の挑戦は、いかに根気よくムスメと付き合うかということに加え、「藍を建てて染める」です。
教室に通う生徒さんの希望かがきっかけでしたが、久々の藍建は記憶と感覚を掘り起こしての楽しい作業でした。毎日二回かきまぜ、様子をじっと観察し、状態を予想して糸を染めます。
温度を上げ下げして染める草木染めは、染液がぐつぐついう音を聞き、蒸気や熱にまみれながら行いますが、藍染めは静かに糸を藍液につけ、糸の様子を見ながら静かに絞って空気にさらすという、静かな作業です。草木染の「動」に対して「静」の染めだな~と思いながら作業をしました。
液につけた糸が茶色っぽくなりそして緑になり、空気に触れて青に変わっていく様は、不思議で神秘的でした。この藍の糸染めは、この夏まだまだ続きます。

プロの紺屋さんの仕事の足元にも及びませんが、できれば毎年続けていきたいと思っています。