好きな季節の好きな時間と好きな眺め

春の夕方

春の夕方

冬がはるか前のように感じられるくらい、暖かい日が続いています。桜もすっかり散り、近所の田んぼに水が入りもうすぐ田植えが始まるようです。田んぼに水が入ると、カエル達の鳴き声が響きまだ先の夏がほんの少し近づいてきたように感じられます。
今ぐらいからの季節は、山に新緑が見られ田んぼには稲が育ち、空も爽やかな青色で虫やらカエルやらが動きだし、楽しい気分になります。今ぐらいの季節から寒くなるまでは、夕方がとても気持ち良く、ビール片手にデッキに出て、刻々と変わる空を眺める時間が最高です。コドモタチをお風呂に追いやり、料理の合間にデッキに出て静かな時間を楽しんでいます。

良い季節になってきました。そして10連休も近づいてきました。連休中は仕事はできないと覚悟し、連休前に一本織り上げたいと、せっせと機に向かっています。五月に入ると展示会やクラフトフェアが目白押しです。バタバタが予想される五月を迎えるまでに一本織り上げて、ココロに余裕を感じたいと思っています。

好きな眺め

好きな眺め

少々焦りながら機に向かっておりますが、機の後ろから糸が並ぶ様を「いいな~」と眺めることのできる余裕はまだあるようです。


色とりどり

春の色

春の色

経糸巻けた

経糸巻けた

新学期が始まりました。上のムスメは一学年あがり、下のムスメはこども園に行き始めました。日中コドモタチのいない日常に戻り、さあ仕事始めるぞ!と意気込みすぎてやりたいことが多く何から始めていいかわからなくなり、先ず順番決めから始めた新学期初日でした。
1週間経ち、家も子供も日常モードに戻って、やっと落ち着いて仕事場に入れます。

四月中に一本織ってしまいたい帯があるので、先ずは縞立てから始めています。今回は、残った糸を組み合わせて帯を織る予定です。ゼロから縞立てをする場合は、自由に気持ちを開放するような感覚で柄を考えるのですが、残り糸を使う場合は糸の量から使える本数を計算して、柄を組み立てるという少しエンジニア的な要素が入ってきます。クリエイティブな部分とエンジニア的な部分が混ざり合いながらする縞立てはおもしろく、頭を悩ませながらも楽しんでやっています。
ほぼ縞が決まった時点で経糸巻き。後は整経の中で糸の量を見ながら、縞を考えていきます。どんな縞になるか、楽しみです。


春休み

spring holidays

spring holidays

春休み最終日です。自由時間を満喫していた小学生ムスメは、だんだんとエネルギーを持て余し気味になり、子供たちとのゆったりとした時間を楽しんでいた私も、やることリストがどんどんと長くなり、焦りがでてきて、家に不穏な空気が流れだしたタイミングで、春休みの最終日がやってきました。新学期の準備をしながら次の織の準備を始め、焦る気持ちを静めながら、ココロの均衡を保っています。

名古屋ORIBEさんでの展示会も先週末に無事に終わることができました。会場まで足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。また名古屋でお会いできるよう、作品づくりに力を入れたいと思います。
五月は、大阪大丸と奈良で展示会予定です。緊張感を持って取り組まなければ!と思っています。

今回の春休みは、1週間にわたる主人の窯焚きと重なり、夜に火の番をし昼間は睡眠をとる主人を起こさないように、公園や買い物やと出かけることが多かったように思います。なんだかわからない間に二週間が経った気分ですが、スーパーで出会う母ちゃんたちとの立ち話が良い気分転換になりました。
長い様な短い様な春休み。なんやかんや言いながら、良い時でした。みなさまお疲れ様でした!次は10連休!


良い気分

札幌のギャラリーagerさんで開催されていた展示会、「春色・春もめん・春きもの」が先週終了いたしました。作品に目をとめて下さった皆様、足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。
現地に伺うこともできず、それでもギャラリーオーナーの舟見さんが、気持ちを込めてご紹介してくださっていることが感じられ、前回と同様に感謝と爽やかな気持ちになれる展示会でした。

そして札幌の展示会終了と入れ替わるようにして始まった、ORIBE NAGOYAさんでの展示会。主人との二人展を二年ぶりに企画していただきました。見やすく手に取りやすく、そして美しいディスプレイを見てうれしさとありがたさを感じました。土曜日曜と在廊し、帰りのバスから青空を背景にした名古屋駅前のビルの模様を見て、「丹波布の帯みたい」とつぶやいてた主人を‘良い反応!’とほめながら、名古屋を出て、両親に預けていたムスメ達と再会し、丹波に戻ってきました。

左が丹波布模様

左が丹波布模様

丹波に戻った後、窯焚き目前の主人はすごい勢いで山に向かっていき、私も同じ勢いで機に向かいたかったのですが、留守中‘ヒトメタウィルス’なるもの(風邪の一種らしい)に感染し、オンブお化けのようにくっついてくる下ムスメと、春休み真っ只中で超上機嫌の上ムスメと、仕事もありのんびりしたくもないのですが、庭で遊んだり犬の散歩をしたりとのんびりと過ごしております。
通常の仕事スピードが10倍ほどにスローダウンするこの日々。焦る気持ちもありますが、貴重な時間でもあり、あーーやっぱり良い時間だなと、諦めと諦める大きな理由があることにホッとしながら、大切な時を楽しんでいます。

下ムスメのアート「顔」

下ムスメのアート「顔」


展示会のお知らせ

年度末です。年度のまとめや、関わっているイベントの準備やら色んなものに追いかけられて、ひたすら走っているような感覚です。こんな時は、一段落した時の喜びを想像しながら走ります。

さて、今回は展示会のお知らせです。以前に展示会をさせていただいた、名古屋のORIBE NAGOYAさんで、主人との二人展が開催されます。私はストールやバッグといった日常使いの丹波布、主人は食器や酒器、花器など、こちらも日々の生活で使っていただけるようなものを展示販売いたします。
一階は陶器を販売し、二階にカフェ併設のギャラリーがあります。大きな窓とベランダのある明るい空間で、ゆっくりと作品をご覧いただけます。ご都合が合えば、是非お越しください!
初日の23日と24日は、夫婦でギャラリーに在廊しております。

今晩も織り上がったストールのフリンジをくりくりとねじっています。

oribe exb 2019

oribe exb 2019

「陶と織」 ジェイムス・イラズムス/イラズムス千尋 二人展
2019年3月23日(土)~31日(日) 11:00~19:00 ※会期中無休
ORIBE NAGOYA
TEL:052-253-5580
〒461-0001
愛知県名古屋市東区泉1-1-37


展示会@ager 札幌

exhibition at ager Sapporo

exhibition at ager Sapporo

季節のせいか、寝ても寝ても眠くて六時に起きないといけない平日は、朝目を覚ますのに強~い意思が必要です。娘二人に挟まれて寝ておりますが、いつも寝るときは二人の間に体をねじ込んで布団に入ります。入ると両脇からググッと寄ってこられるので、両腕を布団の上に出さないといけないくらい狭いのですが、暖かくてとても心地が良く幸せを感じます。暑くなると、こういうわけにはいかなくなるので、今のうちにこの幸せをじっくり楽しんでおきたいと思います。

さて、展示会のお知らせです。3月5日から開催されている「春色・春もめん・春きもの」展に出品しております。場所は北海道の札幌市にAger(アゲル)さんです。もめんをテーマに着尺、帯地、ストール、洋服などが展示されています。私は着尺と帯地とバッグを出品しています。

会期は3月23日までです。お近くに行かれる時は、是非お立ち寄りくださいます。


言葉で表す

nice things

nice things

今晩も数々の誘惑をなぎ倒し、工房に向かうことができ、ホッとしています。先日図書館から借りてきた本がとても面白く、首っ引きになっていましたが、それも二日ほど前に読み終わり、本からも解放されて自由になった気分です。奴隷時代をなぞる「奇跡の大地」という小説ですが、内容も日本語訳も良くどっぷりと本の世界に浸ることができました。
本を読むことは好きなのですが、逆に言葉を使って表現することは私にとってはハードルが高く悩ましい作業です。その悩ましい作業と向き合う機会を数か月前にいただき、少し前なのですがそれをたくさんの方々に読んでいただけることになりました。

以前に取材にきていただき、昨年は企画展でもお世話になった‘nice things’さんの雑誌に作品と共に、私自身の制作に対する思いの様なものを書いて欲しいという依頼をいただき、普段頭の中でボヤーっと感じていることを言葉にしてみました。主人も同じ依頼をいただき、こちらは彼が表現した言葉を日本語にする作業も請け負いました。
主人の制作に対する思いは、普段の会話で言葉として耳にしているので、それを日本語にすることはそんなに難しくはなく、また自分自身の思いについても、書き始めると自然に言葉が出てくる感覚でした。ただ、それが皆様に読んでいただくレベルかどうかと言えば、首をぶんぶんと横に振りたくなる思いで、改めて言葉で表現することをお仕事にされている方に尊敬の念を抱きました。
拙い文章ですが、素敵に撮っていただいた写真と共に紹介していただいております。機会があれば、お読みくださいませ。


good day !

良き日

良き日

暖かい日が続いたせいか、庭の梅が咲き始めました。ポカポカとした天気が続くと、春が来た!と気が緩んでしまうのですが、丹波の冬はそんな甘いものではありません。まだ緩んではいけないよと自分に言い聞かせています。

今週で終わるはずの着尺がまだ織り上がっていません。
ムスメ達を寝かしつけた後、寒い工房に行く気がなかなか起こらず、また最近夫婦でハマっている海外ドラマの誘惑に負けてしまう日が続いていました。なんとなく後ろめたい日が続いていたのですが、今日は工房を暖かくし、工房に行く前にしょうが湯を飲み、またプリズンブレイク(今になってハマっていますが…)の誘惑を振り払い、spotifyでヤル気の出る音楽を流し、機に向かうとしっかり集中でき織り進むことができました。
気分もすっきりして、良い人になった気分です。やらねばならない事があるときは、ささっとそちらに気持ちを向け、行動すると物事が進むと再確認できた日でした。

 

 


冬のイベント

skiing

skiing

暖かい冬だと思っていたら、最近冷え込んできました。寒さが苦手ですが、冷え込まない丹波の冬も変なので、寒くなってなんとなくホッとしています。
雪がチラついていた先週末は、家族でスキーに行ってきました。スキー板をはくには、まだ早いチビがいるので満足には滑れませんでしたが、山から真っ白の景色を眺めながら風を切って滑り降りていく感覚は、とても気持ちが良かったです。小さな頃から親しんでいたスキーですが、冬に雪があまり降らない国に生まれ育ちスキーの経験のない人と結婚してからは、しばらく遠ざかっていました。数年前に主人と上ムスメを誘い、久しぶりに再開し、初スキーの二人も楽しんでくれたことから、我が家の毎年のイベントになりつつあります。

そして昨日からは、あんまり嬉しくない冬のイベントが始まっています。上ムスメの学級閉鎖が決まりました。昨日から三日間お休みです。当のムスメは元気いっぱいなので、急に降ってきたお休みを謳歌していますが、こちらは予定が狂ってしまい一緒に休みを楽しむココロの余裕がなく、工房で宿題をしたり、お友達に手紙らしきものを書いているムスメを横目に織り進む努力をしています。明日も精一杯努力して、心を穏やかに仕事を進めていきます。


整経の時間

整経しました

整経しました

雪の週末が過ぎ、ただただ寒い週明けです。毎日まめに薪ストーブを焚いて、部屋を暖めています。
経糸が巻けたので、整経をするタイミングなのですが、暖かい部屋から寒い工房に行く気がなかなか起こらず、子供を寝かしつけながら、自分が工房に行くイメージを植え付け、寝た後エイッと勢いをつけて工房に向かいました。

昼間と違い、電話や宅急便など作業が中断される心配もなく、しんと静かな夜は安心して作業ができます。特に整経は、糸のテンションを揃えるため同じペースで行うことや、縞を間違えないように集中することも大切なので、夜の時間に作業をすることが合っています。
今夜も中断されることなく、心を落ち着けて整経することができました。寒いと思っていた工房も、糸を持って歩き回るので体も暖まりそして達成感もあり、ぐっすり寝れそうです。
明日の夜は、ちきり巻きの予定。コドモタチ、早く寝てくれますように!