向き合うと好きになってきた

お直し1

お直し1

お直し2

お直し2

年末にさぼってたせいで、二本連続でお直しをしています。
反物は織り上がると、目飛びがないか柄間違えがないか点検をします。柄間違いがあるとどうしようもできず、泣くしかないのですが、目飛びの場合はお直しができます。
毎回老眼鏡の上にハズキルーペをかけ、針片手にじーっと反物を見ていきます。目飛びが合ったら直さないといけない→お直しは面倒で苦手という思いがあり、この点検とお直しの作業は苦手でした。なので、いつも織り上がると、開放感をかみしめながら反物を横目に点検作業を後回しにしていました。

ただ、今回二本の反物をえいやっと連続でお直しをしたおかげで、この点検とお直しの工程が少し好きになりました。めんどくさいな、という思いを後ろに置いてじっくりお直しに向き合うと、苦手意識も薄れ楽しむ余裕も出てきました。丹波布を始めて15年経ち、やっと克服できた思いです。


遊びの時間

織り上がり直前

織り上がり直前

雪の降る朝です。昨日のテレビ放送を見てくださった方から、様々な暖かい反応をいただきました。ご覧いただいた皆様、ありがとうございました。
テレビに映る自分自身を見て、声や喋り方表情など「なるほど、私はこんな声でこんな喋り方してるんや」と第3者的に自身を見ることができて新鮮でした。そしてテレビを見た友人知人に言われましたが、自分はそのまんまのいつもの自分でした。番組制作の方々がとても良い方たちだったので、肩に力が入らず、そのまんまでいれたのだと思います。

さて、1週間ほど前に布が織り上がりました。ストール用の布だったのですが最後の数メートルは、小物に仕立てる布にしようとしっかり打ち込みながら織りました。
いつも織り上がりは同じなのですが、なるべく長く織るよう、糸が無駄にならないようギリギリまで織ります。そして最後の方は、中途半端に残っている緯糸の処理も兼ねて、模様を変えながら織ることが多く、自由に遊べる時間でもあります。ほんの10数㎝なのに、緯糸を変えながら模様を考えながら織るので、普通に織るより時間がかかります。
今回も最後の十数センチを楽しみながら織り上げました。


現在工芸フェアちんゆいそだてぐさ

丹波布のストール

丹波布のストール

あっという間に12月になり、やや呆然としています。
先々週の11月22日(日)と23日(月・祝)の二日間、奈良の大和郡山城址で開催された現代工芸フェア「ちんゆいそだてぐさ」に出店いたしました。
主人と横並びで子供二人を連れての家族での参加。子供たちは親の出店場の裏に張ったテントで、遊んだりお菓子を食べたり、喧嘩したり、木に囲まれた開放的な空間で、木登りしたり、追いかけっこしたり、喧嘩したりと親の仕事に二日間付き合ってくれました。

お天気にも恵まれ、お客様の反応もありがたく、うれしい二日間でした。
作品に目を留めてくださった方、出店場所に足を運んでくださった方、ありがとうございました。コロナ禍のご時世でなかなかお客様とお話できる機会が少なくなっている中で、直にお話をし反応を知ることができた貴重な機会でした。
この嬉しい気持ちをそのまんま大切に作品作りに連れていきたいと思います。

ありがとうございました!


反省の時間

点検とお直し

点検とお直し

ぐずぐずした天気が続く4連休です。キャンプに行く予定でしたが、キャンセルをして子供たちと実家に遊びに行ってました。両親の住む私の実家は丹波よりも都会で人が多く、コロナウィルスの感染拡大を避けるため、公園で遊んだり実家でのんびりしたりして過ごしました。

子どもたちがジージやバーバと遊んでいる間に、私は織り上がった帯地の点検とお直しをしました。クーラーの効く快適な部屋で集中して作業ができたのですが、ハズキルーペをかけて見る織りたての布は、打ち込み、目飛び、腰掛(経糸がゆるくぼこっと出てしまう箇所)等“あかんとこ”をはっきりと見せてくれ、反省反省反省の時間となります。
この点検とお直しの作業は、最も苦手な工程ですが避けては通れない大切な最後の仕上げ部分になります。何回やっても好きになれない作業ですが、反省を次に生かすぞっと自分を鼓舞しながらなんとかやり終えました。
そして、このちょっと落ちた気分を過去のものにするために、次の縞に思いを馳せています。


一人で働き方革命

春です

春です

満開の桜をあちらこちらで目にします。散歩のときやスーパーに行く帰りなど、田舎にいるとわざわざお花見に行かなくても、生活圏内で十分桜を楽しむことができ、「ええ環境やな~」とありがたく感じます。
さて、新型コロナウィルスです。当初の予想よりもかなり早く広範囲に広がり、特に主人の故郷であるイギリスの状況が深刻になってきました。そんな中、こどもの小学校ももうすぐ再開します。今の状況と自分の住む地域の状況とこれから起こりそうなことと、色んなことを総合して決断しないといけないんだな、と考えてます。

当のムスメは、長い春休みを思いっきり満喫中です。私が見れるときは、アフタースクールに行かせずなるべく家で見るようにしていますが、一緒に庭仕事したり、工房に出たり入ったり、縄跳びしてみたりと、充実しているようです。子供といる時間が増え、また今後も増える可能性も考えて自分自身への働き方革命を実施し始めています。
前までだと、工房はなるべく子供をいれずしっかり集中できる環境を作ろうとしていました。そうなると、工房に入ってくる我がムスメ達はどちらかというと邪魔な存在になってしまいます。それよりも、巻き込んでしまえ、と考え方を変えちょこちょことしたお手伝いをしてもらうことにしました。今回はじんき作り。不揃いでしたが、ふんわりと巻いてあり、とてもつむぎやすかったです。

 


rooms40出展中!

rooms40

rooms40

昨日から開催の、アッシュぺーフランスさん主催のトレードショー、rooms40に出展しています。お世話になっている奈良の工藝舎さんのブースで、10名の作家さんたちと共に、実演と展示販売を行っています。
食、衣、器、アクセサリー、音楽、ダンス等々様々なクリエーターたちが4つのジャンルに分かれ、作品を通してメッセージを伝えます。私たちはcultureのゾーンで、工芸を軸に陶器、加賀指ぬきの技術を使ったアクセサリー、現代美術の視点からのオブジェ、手描きのファブリック作品、日本で数名しか保持していない技術によるガラス工芸などなどを発表しています。

あっという間の2日間、本日2月22日(土)が最終日です。ブースNO433でお待ちしております(入場料が必要です)。


Thanks a lot !

丹波新聞社での展示会

丹波新聞社での展示会

数日前になりますが、2月16日(日)~18日(火)まで、地元丹波市柏原町の丹波新聞社さんで開催されていた、夫ジェイムスとの二人展「素材への探求~quest for materials」が無事に終了いたしました。
久しぶりの地元での展示会。お話をいただいてから、せっかく地元で開催するからには、何か挑戦しようと、夫婦ともども「素材」に焦点を当て、新しいものを発表することをそれぞれに課しました。ジェイムスは、地元の土を使うことに挑戦し、窯場のある土を3割程度混ぜた、質感の面白い焼き締め作品を数点(写真にはありませんが)、私は前々から興味のあった丹波紙布の復元と大麻糸を使った作品に挑戦しました。

木綿の前の素材でもあり、古くは庶民の「衣」の中心的素材であった大麻糸をいつか使ってみたいという思いがありました。ピンっとした真っ正直な素材は、布になっても真っすぐで清々しく気持ちの良い布に仕上がりました。そして、経糸には竹を染料にして、白く染めた糸を使用。私の住む村はかつて竹かごの産地で、今もお二人の方が良質の竹かごを作っています。その端材をいただいて染料にできたことは、とても嬉しいことでした。
また、丹波紙布は「丹波紙布」という本を譲っていただいてから、自分の中でやってみたいと思っていた布。染色では、木綿との扱いの違いを体感しました。緯糸に入れて織った布はしゃっきりと仕上がりました。使っていく中での変化が楽しみな布です。

数年ぶりの地元での展示会は、緊張もありましたが興味を持ってみていただき、反応も暖かで夫婦共々楽しめ幸せな気持ちで終えることができました。
ご来場いただいた皆様、なにかとご気遣いいただいた丹波新聞社の会長夫妻、こどもの迎えと預かりを引き受けてくれた母ちゃん友達、急な縫製に対応してくれたクロニックの直子ちゃん、いつもお世話になる父と母、宣伝に協力してくれた方々、などなどなど!ありがとうございました!


京阪百貨店出品中

京阪百貨店

京阪百貨店

年末から色々なことをお知らせ忘れしており、遅ればせながらバンバンとお知らせ中です。

昨年末から京阪百貨店守口店さんにある「くらしのこみち」で、作品を扱っていただいております。モノや食など暮らしに関する様々なものを提案している素敵な空間です。味噌づくりなどワークショップも開催されています。
ぜひお立ち寄りくださいませ!


「日常茶事始め 抹茶へのアプローチ」展終了いたしました

agerでの展示

agerでの展示

札幌のギャラリー agerさんでの展示会「日常茶事始め 抹茶へのアプローチ」が先週終了いたしました。私は、抹茶入れの袋やナツメの入る袋、そして抹茶椀と茶入れなどが入るお茶セット袋を出品いたしました。
お茶をもっと身近に楽しく感じるをコンセプトに企画された展示会で、私はものだけの参加でしたが、新しい商品も企画することができて、楽しい気分で作品を送り出しました。お声がけいただいて、とてもうれしかったです。
ご覧いただいた皆様、ありがとうございました!

家の畳の部屋を一つ空っぽにしたので、今年は抹茶を楽しみたいと思っています。


firing !

窯焚きしました

窯焚きしました

すんごい勢いで窯焚きに向かって進んでいた主人の窯焚きが先週終わりました。展示会に間に合わせるため、また少しでもたくさん作るためのぎりぎりのラインで火を入れ、なんとか間に合うタイミングで焚き終わることができました。
今回は当初の予定より一日ずれたため、急遽私が3時間ほどのピンチヒッターで窯焚きを手伝うことになりました。昼間とは言え、空気は冷えているので椅子を窯の前に置き、コーヒーと椅子をそばに置き火を眺めたり、薪をくべたり、薪を運んだりして午前中を過ごしました。
山の空気を吸い、薪のはじける音を聞き、スモーキーな香りをかぎながらの窯焚きはとても気持ちの良いものでした。これが自分の窯で先の予定がぎっちり詰まってて、一日15時間ほど焚いていたら、のんきに楽しむ余裕などないやろな、と主人の顔を思い浮かべちょっと悪いなと思いながら、良い時間を過ごすことができました。

さて、布の仕上げの砧打ちですが週末に行いました。硬い木を台にして上に手ぬぐいをかぶせトントンと布を打つと少しづつ布がしなやかになってくれました。ただ砧が当たる面が小さく全体を柔らかくするには何度も打たないといけないようで、まだまだ完成とは言えません。なかなか根気のいる仕事だなと実感しました。
休みの日に行ったので、トントンと打ち続ける私の横で上のムスメはリズムに合わせて歌いだし、下のムスメはおもちゃの太鼓を引っ張り出してきて、太鼓を打ち鳴らすというにぎやかな砧打ちでした。おかげで腕のだるさも半減したので、次回もお付き合いいただこうかと思っております。