感謝!!!

お天気にも恵まれました

お天気にも恵まれました

先週末の5月20日(土)&21日(日)に開催された、現代工芸フェア「ちんゆいそだてぐさ」が無事に終了いたしました。
お天気にも恵まれ、お客様にも恵まれ、スタッフや出展の方々にも恵まれた幸せな二日間でした。今回、イベント参加初の二日連続だったムスメと、看板犬初体験のmangoも無事に乗り切ってくれました。

ムスメは、出展テントの後ろに張ったテントで基地を作り様々な遊びをうみだし、mangoは、暑さとヒマになった娘から受ける手荒い愛情表現に耐えた、二日間でした。
家に帰り、犬のココさんと猫のゴマさんの無事を確かめてホッとしました。

夏日だった二日間、会場に足を運んでくださった皆様、作品に興味を持っていただいた皆様、ありがとうございました。

そして、今週は梅田阪急本店での「ぬぬぬパナパナ」展に出品しています。この展示会は、今年で最後になります。展示会や展示会に関わる方々から、とてもとてもたくさんのことを学ばせていただきました。まだまだ宿題が終わっていない状態ですが、感謝の気持ちを胸いっぱいに、出品しています。
初日に在廊し、最終日の5月29日(月)の午後から在廊する予定です。期間中は、多くの作家の方々が在廊しています。作品も関わる方々も素敵です。お時間が合えば、是非お立ち寄りくださいませ。

看板犬デビュー

看板犬デビュー

 

 

 


丹波篠山の手仕事展

丹波布ファッションショー

丹波布ファッションショー

今日、丹波市柏原町の陣屋跡で地元有志による、「丹波布ファッションショー」が開催されました。私も丹波布技術者協会の窓口として、実行委員の一員になり企画運営に携わらせていただきました。

地元の方々にモデルになっていただき、丹波布の帯や着物を身に付けてランウェイを歩いていただきました。丹波布を身に付けた人がこんなにたくさん集まるのは、今までになく、席も満席、おまけにピカピカの青空という、とても贅沢な一日でした。

この嬉しい気持ちのまま、明日は三田阪急で開催されている「丹波篠山の手仕事展」に在廊いたします。昨年秋と同様、出品作家は丹波篠山地域に工房を持つ4名、小島優さん(木工、椅子)、大杉康伸さん(陶芸)、ジェイムス イラズムス(陶芸)と私の4名です。刺繍作家のota ioriさんプロデュースによる、この展示会は、ioriさんのディスプレイがとても素敵です。会期は明後日25(火)です。
是非、作品とディスプレイをお楽しみくださいませ!


始まってしまった

入学しました

入学しました

東京の展示会から帰ってきた次の日に、ムスメの入学式がありました。雨の予報を裏切り、春の日差しが時々さす穏やかな天気の中、でっかいランドセルを背負って歩く姿を目にし、“学校生活”が始まった!と実感しました。
小学校生活は私にとっては昔々のこと、イギリス人の主人にとっては日本の教育制度初体験です。とうとう来たな~。始まってしまったな~。と楽しみと少し心配(朝起きれるかですが…)な気持ちもありますが、親も娘も少しずつ慣れていきたいと思っています。

5日間で東京、丹波、伊丹、丹波と移動の多い中、納品作業が挟まったり入学準備や入学式があったりと、何かと動きの多い数日でしたが、このペースはこれからまだまだ続きそうです。
昨年の手帳を見ると、この時期に東京に日帰りしてたり大阪の南の方に行ってたりと同じようにあっちこっち移動していました。色々動く季節も始まってしまったようです。

東京町田市のギャラリーFUKUTAさんでの展示会は、4月19日(水)までです。
よろしければ、お立ち寄りくださいませ。
「陶と織」展
Gallery FUKUTA (http://gfukuta.exblog.jp/)
町田市玉川学園8-13-30(tel&fax 042-726-7173)

桜とレンギョウ 満開です

桜とレンギョウ 満開です

そしてこの1週間、毎年お世話になっている「ぬぬぬパナパナ」展のwebsite リレー日記を担当しました。よろしければそちらものぞいてみてください。
nunupana.com/

 


訓練と勉強

展示会ディスプレイの為、早朝暗いうちに丹波を出発し、東京に来ています。

3日ほど前に、帯地が無事に織り上がりスッキリとした気持ちで、展示会の初日を迎える事ができそうです。ポカポカ陽気の中、工房で寛ぐココさんと、外デビューを果たしたゴマちゃんがデッキで遊ぶ姿を眺めながら、最後の追い上げに集中していました。「こんなにゆったりとした気分で、集中出来るのは久しぶり!」と穏やかな気分になっていたのも束の間、春休み中のムスメが、「自転車に乗るから、工房のドアを開けて見てて」だの「けん玉何回できたか数えて」だの、数分おきに様々な課題を与えてくれます。

楽しそうな彼女のリクエストに答えつつ、織りに集中するという、難度の高い事に挑戦する羽目になりました。これも訓練!と「仕事溜まってるからあっちいってて」という言葉をグッと飲み込んで作業し、織り上げた時には、大きな達成感を感じました。

そして、今日はギャラリーさんとディスプレイを行う中で、程よい崩し方を勉強させていただきました。うまく崩すと、楽しい雰囲気が出来上がるんだなと学んだ日でもあります。

Gallery FUKUTA(町田市玉川学園前8-13-30)での「陶と布」展は、明日から始まります!

「陶と布」展

「陶と布」展


展示会のお知らせ

展示会案内ハガキ

展示会案内ハガキ

注文作品の納品準備と、帯地の織り上げと、ムスメの入学準備を同時進行で進めながら、「私もシューンドンドンしたい!」(機織りの音です)という、ムスメのリクエストに応えたいと、ムスメ初機織りの準備をしようかと目論んでいます。

さて、今回は春の展示会のご案内です。
4月6日(木)から、東京都町田のギャラリー「FUKUTA」さんにて、ジェイムスとの二人展「陶と織」が開催されます。

私は初日の4月6日(木)、ジェイムスは4月8日(土)、9日(日)に在廊します。

ジェイムスは今回の窯からの新作、私は織りたての反物や、日々の生活に使っていただける丹波布小物を展示販売いたします。
是非、足をお運びくださいませ。

展示会詳細

展示会詳細


出展のお知らせ

染めています

染めています

栗の皮を使って、三色に染め分けています。納期が決まった作品であり、製作の予定上、今日が染め上がりの日でした。染め上がりの今日は、日曜日。ムスメと遊ぶ日です。寝るのが大好きで、いつまでも寝続けるムスメをちらちら見ながら、朝方染めの仕上げをしました。
日中は、たっぷりと遊び夜ムスメが寝てから、大量の糸をすすぎ、今部屋に干された糸を見ながら、一息ついています。

染色は工程の中でも好きな作業で、多少糸の量が多くても、よしっと頑張れるのですが、糸の量が多いと最後の洗いにとても手間取ります。今回は、2時間近く糸を洗う羽目になりました。
バタバタ平和に11月一週目の週末が終わりましたが、来週は堺の大仙公園で行われる、「灯しびとの集い」に出展いたします。昨年に引き続き二回目です。これで良いのだろうか?まだまだできることがあるのではないか?と迷いもありますが、えいやっと素敵な出展者の方に交じって勉強をしてきます。

様々なジャンルの作品、音楽、トークイベントも楽しみです。11月12日(土)、13日(日)と是非、堺市にお越しくださいませ。

tomoshibito.org/
ja-jp.facebook.com/tomoshibito/


Healing

森の中

森の中

三田阪急での催事が終了いたしました。
作品を見ていただいた皆様、興味を持っていただいた皆様、ありがとうございました。
今回、私自身作品も人柄にも惹かれる方々と一緒に仕事ができ、コーディネートをしてくださった、刺繍アーティストの伊織さんの人柄と空間づくりのお蔭で、幸せな気分で終えることができました。出品者でありながら、癒される催事でした。

さて、夏の終わりから年末まで続くイベント等の合間に出来た時間を利用して、信州に来ています。家族とココさんと(マンゴーは、いつもの所で休暇中)、久々にゆったりと過ごしています。丹波とは違う山の風景を楽しみながら、今日は山の中を歩いてきました。標高のせいか、空気や水が澄んでいて、山の景色も太陽の動きの中で、いろんな色を見せてくれています。山や木、光や水ナドナド、心が開放される1日でした。

たっぷり癒されています。充電して帰ります!


親孝行

今日の夜、朝日放送(関西ローカル)の番組「ココイロ」で紹介をしていただきました。
番組と番組の間の2分ほどの放映ですが、週替わりに色んな地域の人や物などを紹介します。
今週は、丹波市でその中で私の仕事を取り上げていただきました。

放映前、実家の母から時間の確認の電話がかかり「友達みんなに言ったから!」と伝言があり、主人には「チャンネルは合っているのか、時間は大丈夫か」とうるさく言われ、放映後は母から「良かった~」の感激の電話が入り、私以上に大きくリアクションしてくれる家族たちの思いにジンジンしました。
4時間近い撮影の映像を2分という短い時間に編集して、まとめあげた技量と映像の美しさに感動しました。そして、電話の向こうの母の弾んだ声がうれしくて、少しだけお返しができた気分になりました。番組を制作いただいた皆様、ありがとうございました。

「丹波篠山の手しごと展」

「丹波篠山の手しごと展」@三田阪急

さて、イベントの案内です。JR三田駅前の三田阪急さんで「丹波篠山の手しごと展」が始まりました。丹波篠山で暮らす4人の作家の作品が並んでいます。今日、私も在廊してきました。
一緒に展示している作家さん達も(主人はもちろんですが…)よく知っている人たちです。人柄も作品も良く、お客様への紹介も自然と熱が入りました。

ここでも、熱めに作家さんたちの紹介です。
陶芸は備前と伊賀で修業をされた、大杉康伸さん。親しみやすい湯呑や飯椀の他に、薄づくりの長四角のお皿が、繊細で美しく使い心地も良さそうです。
木工は、イギリスでウィンザーチェアーを勉強された、小島優さん。新作の彫の入ったコースターや楊枝が美しく、手に取りやすいのですが、なんといっても椅子!美しく、座り心地もとても良い。一度座ると、立ちたくなくなります。是非座ってみてください。
そして、もう一人の陶芸家は、ジェイムスイラズムス。備前で修業後丹波で穴窯を作りました。作品は、すべて薪で焚き上げる焼き締めです。今回、新作が並んでいます。
小さめの一輪挿しや、ピッチャーなど黒い色味の作品がカッコ良いです。使い勝手は毎日使っている私が、保証します!
私は、ストールやバッグなど毎日触れて毎日使っていただけそうな作品を並べています。使うほどに美しく、しなやかに強くなる布です。お手に取っていただくと、うれしいです。
期間は10月25日(火)まで。土曜日(ジェイムス)、月曜日(大杉さん)、火曜日(小島さん)が在廊しています。どうぞ、お越しくださいませ!

 


家族の力

糸と土と生きる@art space largo

糸と土と生きる@art space largo

大阪府池田市のカフェミナツキさん二階にある、ギャラリー「アート スペース ラルゴ」さんでの展示会が無事に終了いたしました。3日間という短い期間でしたが、とても気持ちの良い展示会をする事が出来ました。会場に足を運んでいただいた皆様、本当にありがとうございました。

展示会最終日の9/4には、baobabさんの鳥笛作りのワークショップと、ライブがありました。室内なのに、そよ風を感じるような音でいつまでも聴いていたいような時間を過ごさせていただきました。

記念撮影

記念撮影

今回、ミナツキ&ラルゴさんはお母様と娘さん達、従姉妹さん、baobabさんは、お兄さんと妹さんそして、お二人と家族のような付き合いのパーカッショニストのりょうたさん、というように、2つの家族に囲まれたイベントでした。分かり合って、労わりあって、遠慮もない、という居心地の良い空気の中で展示会が出来た事が、嬉しかったです。

また会いたい人達、聴きたい音楽、訪れたい場所に出会う事が出来ました。 ありがとうございました!


展示会始まります!

展示会詳細

展示会詳細です

注文の品がやっと織り上がりました。8月中に織り上がることを目標にしていたので、真夜中までかかりましたが、何とか目標が達成できてほっとしています。夏休みの宿題を必死で終わらせようとしていた、小中学生の頃の気持ちを思い出しました。

さて、今週末から大阪府池田市のギャラリー“LARGO”さんで、展示会が始まります。
大分で活動している兄妹ユニットbaobabさんのライブとワークショップに合わせて開催されます。楽器も手作りしている方たちで、森の中にいるような、優しいアコースティックな音色で、いつまでも聞いていたくなるような音を作られています。
今回は、材料から作っているという共通点もあり、私たち夫婦に声をかけていただきました。

ほぼ徹夜明けの今日、主人と二人で搬入を行ってきました。
池田のさかえまち商店街にある、カフェ“ミナツキ”さんの2階にギャラリーがあります。果物屋さんや八百屋さん、靴屋さん、洋服屋さんなどが並ぶこの商店街も歩いててとても楽しい所です。カフェも一人でふらりと立ち寄れる優しい雰囲気で、ランチも美味しそうです!出していただいた手作りシャーベットも美味でした。
舌と目と耳とすべて満足していただけるのではないかと思います。是非、お立ち寄りください。

展示会は、明日9月1日から4日まで行われております。ライブのある4日は、夫婦で在廊しております。
尚、ライブとワークショップは予約制になっており、ライブの残席は残り僅かです。