ダッシュです

秋祭り

秋祭り

この三連休は村の秋祭りでした。祭り前日は、宵宮があり豪快な餅まき(アンパン率がかなり高かった)に参加し、当日は大人の男たちは神輿を押し、小学生は順番に神輿の中でお囃子を奏で、子供達は紅白の綱を持って神輿の後に続き、母ちゃんたちは子供に付き添い、皆で村を一巡しました。
お囃子の練習や当日の付き添いなどで、バタバタと時間のとられる数日間でしたが、子供達はとても楽しそうで、大人になった時こんな経験が彼ら彼女らの原風景や楽しい思い出の一つになるんだな、と思うと面倒でもあるけど、付き添いもしょうがないなと思えます。

秋祭りが終わると、村の行事は春まで一段落です。
仕事場の方は只今織上げ、織の準備、糸紡ぎなどなど締切に向かって色んな作業が同時進行で進んでいます。バタバタの間にココさんの貫録あるボディーを撫でて心を落ち着かせお仕事をしています。仕事がひと段落した時にしたいことを思い描きながら、もうちょっとペースを上げて走り続けます!


展示会開催、ありがとうございました!

coco!

coco!

ぐずぐずした天気が続いています。この週末の土曜日は上のムスメの運動会が予定されており、雨の予報の中前日にお弁当の仕込みをし、当日は朝五時に起床し数分ごとに空を確認しながら、揚げ物をしていると学校から中止の連絡が入り、「やっぱりねー」と布団に戻りました。次の日は快晴で、この日も早朝からお弁当を作るという、お弁当にかかりっきりの二日間でした。
先週東京から戻り、ペースを取り戻しつつある頃、ベビーサークルを乗り越え工房をうろちょろし始めた下のムスメをそろそろこども園に預けようと、問い合わせをしたところ、満員との返事。そこは人気あるからな~と、別の所に問い合わせても満員。もしやっと思い役所に問い合わせると、現在丹波市内の保育施設で下のムスメの該当年齢のクラスはすべていっぱいとのこと。田舎に住んでいて、まさかの待機児童当事者になるとは、思ってもみませんでした。今まで丹波の暮らしはいかがですか?と聞かれていた時「待機児童問題なんてありませんよ~」って答えていたのに!そして待機児童家庭はうちだけでなく他にもあるとのこと。
ショックと驚きと、予定が狂ったのとでとりあえずは、身近な旦那さんに八つ当たりをしてみたりしましたが、怒っていてもしょうがないので、4月から空くことを強~く願いつつ、次の対策を練っています。

帰国後、公私ともにバタバタとしておりますが、cocoさんのいる工房はふんわりとした空気が流れ非常に気持ちが癒されます。どっしりとした後姿を見ていると、「困った~」とささくれ立った気持ちが、平らになります。ありがたい!

さて、九月の初めから開催されていた、札幌agerさんでの展示会が終了いたしました。開催後数日で大きな地震に見舞われ、その後数日で展示会を再開してくださったオーナーの舟見さんの決断と行動力に大きく感謝しております。そして、大変な状況の中、作品を見に来て下さった皆様、ありがとうございました。また札幌の地で作品を見ていただけるよう、精進致します!


ペースを取り戻す

秋の

秋の気配

イギリスから帰国して2週間が経ちました。バタバタと戻ってきた後は、まだイギリスでの時間の流れが残ったまま、やる事満載の現実にグイッと引き入れられ、なんとか目の前の事をこなしていく日々でした。工房での仕事も始めましたが、仕事ペースもいつもの倍以上かかってるように感じ、リズムに乗り切れていない状況でした。

そんな中、2年後のグループ展の打ち合わせがあり、東京に行ってきました。昨日新幹線に乗り打ち合わせ会場に行き、その後深夜バスに乗って大阪経由で今日の昼間に丹波に戻ってきました。弾丸の東京行きでしたが、一晩家族と離れ尊敬する布の作り手さん達と過ごした数時間は、“やる事満載”の渦に巻き込まれていた私に、自分のペースを取り戻すチャンスを与えてくれ、作る事への意欲を盛り上げてくれました。

お陰さまで、帰宅後は工房にこもりグルングルンと経糸を巻く事ができました。明日からリズムに乗れそうです。I hope !


幸せの夕方

夏の夕方

夏の夕方

びっくりするくらいの暑い日が、まだまだ続いている今年の夏です。やっと7月が終わるなという気持ちになるくらい、夏が長く感じられます。ムスメの学校のプールもとうとう中止になりました。今年は特別気温が高いのですが、四季の中では一番好きな季節です。そんな中でも一番好きな時間が夕方です。

主人とコドモ達がお風呂に入っている間、夕食の準備の合間にビール片手にデッキに出て、どんどん変わっていく空を静かに眺める時間が、大好きです。今日はムスメ達と実家を訪れ、自転車で買い物に行き、馴染んだ景色を眺めながら、冷えたビールをカゴに入れ、鼻歌交じりに自転車をこぐという、こちらも幸せな夕方を過ごしました。

制作の方は、締め切りに間に合わせるべくせっせと帯を織っています。暑い日に染色に取り組めた事に達成感を感じる夏です。

夏の染色

夏の染色


進まないワケ

ココさん

ココさん

関西地方に大きな地震がありましたが、当該地方にお住まいの皆さまに心からお見舞い申し上げます。阪神淡路の大震災を経験して以来、少しでも揺れると、ドキドキしてしばらく落ち着きません。どなたにも何処ででも平穏な日々であって欲しいものです。

さて、サッカーのワールドカップが始まりました。小さな頃からサッカーやラグビーを父親の隣で観ていた影響と、学生時代のクラブの名残りもあり、スポーツ観戦、特にサッカーとラグビーを観るのが大好きです。今回は、試合が日本時間の9時から始まるので、子どもを寝かしつけて、細かい用事を終わらせた後にテレビの前に座れます。ビール片手に幸せな時間を過ごせるのですが、この時間は普通夜なべで工房にこもっています。一本織りあがった後、整経、ちきり巻きとトントンと進み、ただいま機上げ作業中ですが、急にスローダウンしています。しばらくは、日中に集中してお仕事をする事になりそうです。


Time flies !!!

colors

colors

6月に入ったと思っていたら、あれよあれよと言う間に10日も過ぎていました。パーっと明るい雰囲気方に使っていただける予定の帯を織りながら、次の染色をしています。

冬が過ぎ春になり、夏の気配を少し感じ始めると、何故かメダカを飼いたくなります。実家では、長生きするメダカですが、私は今まで冬を越せたことがなく、何度もメダカに申し訳ない事をしていました。昨年は、謹慎期間でメダカの飼育を休止していたのですが、今年は5月くらいから飼い始めました。毎朝点呼をするのですが、元気に泳ぎ回っています。そして、先日は子メダカ達が泳いでいるのを見つけました!小動物を飼うのが上手な父の言葉を思い出し、急いで別の鉢に移し、無事に大きくなる事を願いながら、毎朝観察をしています。

メダカに癒される毎日の中、どんどん作っていきます^_^


出店のお知らせ

整経できました!

整経できました!

暑かったり、涼しかったりと寒暖の差が大きくて、季節を忘れてしまいそうになりますが、山の木々の緑が濃くなり、花が賑やかに咲き、庭先のメダカは気持ちよさそうに泳ぎ、ツバメが空を舞うという、なんとも嬉しい季節です。

今日は帯の整経をしました。ちょっとしたチャレンジになる柄なので、これからの工程が楽しみです。整経はリズム良く集中して行いたいので、いつもは家族が寝静まった夜にするのですが、今日は進みたいので、昼間に行いました。背中に11㎏のムスメを背負ってでしたが、無事に終える事ができました!

お天気が下り坂で、週末どうなるのか気になりますが、今週末の19,20日は、奈良の大和郡山城址で行われる「ちんゆいそだてぐさ」に出店いたします。現代の工芸をコンセプトにした屋外のイベントです。出店者の作品はもちろんですが、かっこ良い音楽と数々の美味しい料理屋台もあります。今年は、旦那が用事で不参加ですが、私はいつもの場所で、上のムスメと共に皆さまのお越しをお持ちしております!


雨のあと

朝の散歩

 

2日間雨が降り続きましたが、今朝ようやく青空を見る事が出来ました。上のムスメを学校に送り出した後、下のムスメとイヌ達、ダンナさんと散歩をしました。

雨上がりの空は、空気が澄んでいて木々の緑や空の青、雲の白さなど様々な色が普段よりもくっきりと見えます。山の景色が田植えの終わったばかりの田んぼに映りとても綺麗でした。今朝は、景色や色をたくさん楽しむ事ができました。

朝の散歩のおかげか、なかなか具体化できなかった縞も決まり、糊付けをする事ができました。空気の冷たい日でしたが、日差しと風があり絶好の糊付け日和でした。織りもほどほどに進み、縞も決まり、下のムスメの機嫌も良く、上のムスメは晩ごはんをよく食べ、2人とも5分で寝付くという、なんだかとてもスムーズな日でした。

糊を付けました

糊を付けました


a happy moment

a happy moment

相変わらず寒い日々ですが、少~し春が近づいてきたように思えます。丹波では、2月17日18日と厄神大祭というお祭りがあり、この厄神さんが過ぎると寒さが和らぐと言われています。この週末は雪が舞っていたのですが、厄神さんも過ぎたことだし、寒さの和らぎに大いに期待したいと思います。

私の工房は南側に窓があり、どんなに空気が冷たくても晴れた日の午前中は、ぽかぽかとお日様が部屋を照らしてくれます。その特等席にいるのがココさん。昼を過ぎると日が少し遠のいてしまうのですが、午前中のこの暖かさはまさに天からの恵みのように感じられます。その工房でひたすら糸や綿に向き合っているのですが、最近は帯用の糸を毎日紡ぐようにしています。
固さや太さ、質感などなど、考えれば考えるほど答えが見つからず、ゴールのないこの糸紡ぎは悩ましい限りなのですが、その悩みがチャレンジでもあり毎回新しい試みにもなるので、飽きることはありません。
綿ぼこりのせいか、大きなくしゃみをするココさんを眺めながら、明日も紡ぎます。


寒さ

よこいと

よこいと

寒さが苦手なことは、しつこく触れてきましたが、最近の寒さにやられていました。雪の少ない今年の丹波の冬ですが、顔を刺すような冷たい空気に包まれています。ありがたいことに、グングン織り進めたい仕事を抱えているのですが、コドモ達を寝かしつけた後に冷え冷えの工房に足が向かず、ダメダメな日が続いておりましたが、先週末に実家に戻りリフレッシュしてきました。

実家付近に用事があって帰っていたのですが、久々に阪急電車に乗り、実家でゴロゴロし、ショッピングセンターをウロウロしたなんでもない週末を過ごしたのですが、寒さで固くなっていた身体とココロがほぐれて楽になりました。実家の力を感じた週末でした。
いい歳になっても実家に甘えておりますが、ムスメ達が大きくなったとき私と主人のいる場所が、彼女たちが充電できる場所になれば良いなとも感じた週末でした。