掲載していただきました

smoky blue

smoky blue

三寒四温の毎日が続いています。年明けから、3月の函館の展示会に向けて作品づくりに邁進しているせいか、気温の上がり下がり(特に下がり)があんまり気になりません。
陽気な古典柄が織り上がり、ただいま空の布第3弾、くすんだ青色の帯地を作っています。遠くから見たときに、色の境界線がはっきりせずボワ~とした部分があり、かつはっきりした青ではなく、ちょっとくすみのある青を表現したくて織っています。
織り上がったら長く垂らして、少し離れて眺めてみたいと思っております。

さて、冬の寒い時期に取材に来ていただいた記事が掲載されているので、お知らせいたします。神姫観光さんのウェブマガジン “ゆい” でご紹介いただきました。丹波篠山の陶芸家の方やガラス作家さんと共に掲載いただいております。
よろしければ、ご一読ください。

https://yui-shinkibus.com/yuistyle/ooo/

神姫観光 ゆい

神姫観光 ゆい


また会えるかな~

空の布Ⅱ

空の布Ⅱ

寒い日もありますが、梅の花が咲き始めて春が遠くの方からやってきていることを感じます。
3月の展示会に向けて超特急で制作を進めています。空をテーマにした布の二本目が織り上がり、陽気な古典柄も織り上がって、今は残り糸を合わせながら、空の布3本目の経糸の準備をしています。
忙しくも、ずんずん制作が進むことに楽しさを感じています。
工房では、ラジオや音楽をかけながらグッと集中して制作をしていますが、先日昨年三月に亡くなったココさんの気配を感じ、とても懐かしく寂しく、そして穏やかな気持ちになりました。

ココさんがいなくなってから、友人知人ご近所の高齢犬たちがポツポツと旅立って行き、重なる偶然に不思議な気持ちになります。
そして、犬だけではなく昨年夏と冬に仲良くしていた地元のおじさんが旅立って行きました。料理屋さんとパン屋さん。二人の面識はなかったと思いますが、私が丹波に来てから仲良くしてもらったお二人で、料理屋さんからは時折蕗味噌や山椒味噌などを小瓶に入れて分けてもらったり、パン屋さんとは色んなことを語り合いました。別れはいつかは来るのでしょうが、こんなに急に早く来んでもええのに、とついつい愚痴りたくなります。

R.I.Pなんてまだ言いたくないけど、安らかにお眠りください。そして、ありがとうございました。


my own rules

bright colors

bright colors

暖かかったり、寒かったり、風が強かったりと、お天気が目まぐるしく変わっています。まだまだ寒い日が続いていますが、時折風や空気からふっと春の気配を感じる時があります。明日は立春。春が近づいて来てるのかな、と嬉しくなります。
さて、制作の方は3月に行われる個展に向けて、急ピッチで進めています。先日、私の制作テーマになった「空」シリーズの第2弾、暗くて何かが起こりそうな迫力のある曇り空をイメージした八寸帯を織り上げました。
そして今回のテーマは空からいったん離れて、“陽気な古典柄”。昔織られていた布団柄の中に好きな縞があり、今までも何度かリピートしたりアレンジしたりしています。今までは青の濃淡や、茶色と緑、青の組み合わせといった、昔から織られていた色のパターンで縞を立てていましたが、今回は黄色と明るめの青で縞だてをしてみました。
前々から、古典柄を黄色でやってみたらどうなるだろう?と思っていたので、今回は実験的な要素もあります。ちきり巻きが終わり、機上げ作業中ですが、古典柄はやっぱり茶と緑、青の組み合わせがしっくりくるのかな、と若干自信を無くしながら、明るくてこれもありかな、というポジティブな気持ちが行ったり来たりしています。緯糸を入れてどうなるか、とても楽しみです。

今回、黄色が主体の帯地ですが黄色はタンニンを含む茶系や藍染の青と比べると、褪色が早く進む色です。褪色がゆっくり進むよう、染色の際に染め重ねをしたり草系(こぶな草)だけでなく、木の皮(ヤマモモの皮)を混ぜて煮出したりと工夫をします。
それと、もう一つ黄色を使う際に自分に課していることがあります。
それは、縞だての際に‘’長い年月を経て黄色は少しづつ薄くなっていく”という事を念頭に置いて、デザインするという事です。
植物で染めたものは、経年変化が必ずおきます。水を通り使われ徐々に薄くなることを受け入れ想像しながら、縞を立てるようにしています。水を通れば色が冴え好きっとしてくる藍の色と、少しずつ年月をかけて薄くなる黄色を頭に描きながら、そんな経年変化も楽しんでもらえるような、長く使っていただける布を作りたいとあらためて思いました。


向き合うと好きになってきた

お直し1

お直し1

お直し2

お直し2

年末にさぼってたせいで、二本連続でお直しをしています。
反物は織り上がると、目飛びがないか柄間違えがないか点検をします。柄間違いがあるとどうしようもできず、泣くしかないのですが、目飛びの場合はお直しができます。
毎回老眼鏡の上にハズキルーペをかけ、針片手にじーっと反物を見ていきます。目飛びが合ったら直さないといけない→お直しは面倒で苦手という思いがあり、この点検とお直しの作業は苦手でした。なので、いつも織り上がると、開放感をかみしめながら反物を横目に点検作業を後回しにしていました。

ただ、今回二本の反物をえいやっと連続でお直しをしたおかげで、この点検とお直しの工程が少し好きになりました。めんどくさいな、という思いを後ろに置いてじっくりお直しに向き合うと、苦手意識も薄れ楽しむ余裕も出てきました。丹波布を始めて15年経ち、やっと克服できた思いです。


だんだん好きになる

obi

obi

年末から注文の帯を織っています。見本があるようでなく、春らしくさわやかで可愛い感じという注文をいただき、頭を悩ませながら緯糸を入れ始め、迷いに迷って今の柄に落ち着きました。
柄が決まってからも、これで良いのか他の入れ方の方が良いのか等、迷いが残っていましたが織り進めていくに従い、迷いが消えどんどんこの柄が好きになってきました。
後は、みみ(左右の端)に気を付けて、しっかり打ち込みながら織るだけ。自分で立てた制作予定から大幅に後れを取っているので、先を考えると焦ってくるので今は手元のみに集中して織っていこうと思います。


A Happy New Year 2021 !!!

at the beach !

at the beach !

あっという間に年が明け、あっという間に冬休みもおわりました。
2020年は色々な場面で色々な方とお会いでき、幸せな1年を過ごすことができました。実際にお会いした方、PCやスマホの画面でお会いした方、電話やメールでお話した方など、会い方は様々でしたが、お会いしたすべての皆様、ありがとうございました。そして、今年もよろしくお願いいたします。今年はどんな出会いがあるのか、楽しみです!

さて、年末に丹波は雪が降り積もり、こどもたちと久々に雪合戦や雪だるま作りなどをして楽しみました。その後は寒い丹波をささっと後にし、実家のある伊丹に移動、冬休みは伊丹や神戸で過ごしました。
コロナの感染拡大など心配なこともありますが、今年も健康にものづくりに邁進したいと思っております。新年の目標もいくつか立ててみてますが、無理なく良いペースで実行できたら良いなと思います。

お休みの間は、この時間がずっと続けば良いのにと思っておりましたが、家に帰るとホッとし、子どもたちの学校やこども園の始まりと同時に日常のペースに戻り、喜びを感じています。お休みがあるから頑張れるし、日常があるからお休みも楽しいんだな~と再確認しながら、次のお休みに思いを馳せております。


遊びの時間

織り上がり直前

織り上がり直前

雪の降る朝です。昨日のテレビ放送を見てくださった方から、様々な暖かい反応をいただきました。ご覧いただいた皆様、ありがとうございました。
テレビに映る自分自身を見て、声や喋り方表情など「なるほど、私はこんな声でこんな喋り方してるんや」と第3者的に自身を見ることができて新鮮でした。そしてテレビを見た友人知人に言われましたが、自分はそのまんまのいつもの自分でした。番組制作の方々がとても良い方たちだったので、肩に力が入らず、そのまんまでいれたのだと思います。

さて、1週間ほど前に布が織り上がりました。ストール用の布だったのですが最後の数メートルは、小物に仕立てる布にしようとしっかり打ち込みながら織りました。
いつも織り上がりは同じなのですが、なるべく長く織るよう、糸が無駄にならないようギリギリまで織ります。そして最後の方は、中途半端に残っている緯糸の処理も兼ねて、模様を変えながら織ることが多く、自由に遊べる時間でもあります。ほんの10数㎝なのに、緯糸を変えながら模様を考えながら織るので、普通に織るより時間がかかります。
今回も最後の十数センチを楽しみながら織り上げました。


テレビ放送のお知らせ

we'll be on tv

we’ll be on tv

寒くなってきました。丹波では明日から雪が降るそうです。
だんだんと夜に工房に行くのが億劫になってきましたが、次の織りの糊付けが終わり、次の次の織りの染色が終わったので、ぐんぐん進むしかない状況です。

秋の入り口に取材依頼が入り、その後何度か丹波に取材や撮影に来ていただいていたのですが、とうとう番組として出来上がり、来週放送となりました。ABC放送の土曜日午前11時からの番組「LIFE~夢のカタチ」という番組です。
主人と私のものづくりの話が主となると思います。取材を受けていながら、皆様にお伝えするのは何となく恥ずかしい思いもありましたが、ディレクターさんやカメラマンの方、音声さん等関わってくださった皆さんが誠実に一生懸命番組を作られているのを見て、コソコソしててはいけない!と思い直し、この場で告知させていただくことにしました。

まだまだな私のまだまだなモノづくり風景が出ると思います。そのまんまの自分が画面上どう見えるのか、放送当日は家族みんなで鑑賞したいと思います。
放送後1週間はtverというアプリで番組を見ることができます。

ご都合が合えば、ご覧くださいませ。


Refresh!

癒しの場と人

癒しの場と人

10月の窯焚きから休みなしに動き続けていた我が主人、11月の最終末にやーーーーっと休むことができたので、久々に家族そろって休日を取ることができました。行先は、いつもの様に海。里山に囲まれた地に住みながら、海が大好きなので休みの日はとにかく海に向かうことが多く、また、我が家からは1時間少しで水の澄む美しい海に行くことができるので、今回は一泊二日で近場の海に行ってきました。

秋の海は水がさらに澄み、外海は波がザブンザブンと打ち寄せエネルギーをいっぱいもらってきました。海と空も相変わらず美しく、文字通りゴロゴロのんびりできました。
青味がかった景色を楽しんだ後は、緑と黄色、赤、茶といった山の景色の家に戻り、やっぱり家も良いねーと確認した週末でした。


現在工芸フェアちんゆいそだてぐさ

丹波布のストール

丹波布のストール

あっという間に12月になり、やや呆然としています。
先々週の11月22日(日)と23日(月・祝)の二日間、奈良の大和郡山城址で開催された現代工芸フェア「ちんゆいそだてぐさ」に出店いたしました。
主人と横並びで子供二人を連れての家族での参加。子供たちは親の出店場の裏に張ったテントで、遊んだりお菓子を食べたり、喧嘩したり、木に囲まれた開放的な空間で、木登りしたり、追いかけっこしたり、喧嘩したりと親の仕事に二日間付き合ってくれました。

お天気にも恵まれ、お客様の反応もありがたく、うれしい二日間でした。
作品に目を留めてくださった方、出店場所に足を運んでくださった方、ありがとうございました。コロナ禍のご時世でなかなかお客様とお話できる機会が少なくなっている中で、直にお話をし反応を知ることができた貴重な機会でした。
この嬉しい気持ちをそのまんま大切に作品作りに連れていきたいと思います。

ありがとうございました!